CBDオイルは料理にも使える!ただし『温度』と『水に溶けない』ことに注意

みなさんこんにちは!

 

CBD愛好家の柚子(Instagram)です!

 

今回は、『CBDオイルと料理』についてお伝えしていきます。

 

先に結論を言っとくと、いくつかの注意点に気をつければ、料理からもCBDをとることができるんですよ!

 

『オイルのニオイが苦手』って人や、『料理からとれたらいいな』って人には、嬉しい話ですよね。

 

それでは、料理で使う上での注意点から、CBDが入った料理を紹介していきます~!

CBDオイルの味が苦手な人は料理に使える!

 

 

CBDオイルのニオイが苦手な人っていますよね。。

 

わたしも高濃度のオイルは、草のニオイが強くて、少し苦手かもしれません。

 

ですが、料理に入れることで、ネックとなるニオイを遠ざけれるし、手軽にCBDをとることができます!

 

料理だけじゃなくて、コーヒーやスイーツにCBDオイルを混ぜて出すお店もあるんですよ!

 

本当に料理に入れて大丈夫?

 

料理に入れちゃったら、効果がなくなるんじゃないの?って思う人はたくさんいるはず。

 

 

ですが、安心してください!

 

基本的には効果に影響がないとされています。

 

とはいえ、いくつか注意点があるのでお伝えしていきますね!

CBDオイルを料理に使うときの注意点4つ!

 

注意点は全部で4つです。

 

  • 加熱しすぎはNG
  • 水に溶けないことに注意
  • 入れすぎると味が変わるので量に気をつける
  • 保存は冷蔵庫で

 

以下から、各注意点についてそれぞれお伝えしていきますね!

加熱しすぎるとNG

 

CBDは熱に弱いので注意が必要です!

 

具体的には、160℃~180℃の熱を加えてしまうと、蒸気化してしまいます。。

油の温度が170℃ ⇒ 揚げ油としては『中温』で、衣を落とすと、中まで沈んですぐに浮き上がってくるくらいが目安

 

また、220℃を超えてくると、CBDの燃焼が始まってしまうので、効果が消えてしまいます。。

 

なので、『揚げ物の料理』『煮込み料理』にCBDオイルを入れるときは、注意が必要なんです。

 

入れるんだったら、タイミングをしっかり考えたほうがいいですね!

 

あまり加熱を必要としない料理だと、効果が消える心配がなくなります!

水に溶けないので注意|オリーブオイル等と一緒に混ぜる

CBDオイルは、油なので水に溶けません。

 

その代わりに、バターやオリーブオイルによく溶けていくんです!

 

なので、CBDオイルを料理に入れるときは、一緒にバターなどを摂ってくださいね!

入れすぎると味が変わる!まずは少量から

特に、高濃度のオイルの中には、草みたいな味が濃いものがあります。

 

なので、料理に入れすぎると、味が変わってしまうので注意してくださいね!

 

『少しくらい味が変わってもいいよ』って方でも、CBDの効果が強く出過ぎてしまうことがあるので、少量から始めていきましょう。

 

はじめて料理に使う方は、CBDオイルを口に垂らす量(スポイトで2、3滴)と同じぐらいからスタートするのが良いですよ~!

『冷蔵庫』で保存する

CBDオイルは、冷蔵後で保存すると長持ちするんです。

 

一般的に、消費期限は1年くらいなんですが、直射日光に当てたりしてしまうと品質が落ちてしまいます。。

 

冷蔵庫に入れるのを避けたい人は、フタをしっかり締めて、冷暗所で保管しても大丈夫ですよ!

CBDレシピの例(ローストビーフ・スイーツ)

CBDを使った料理を紹介します!

 

他にもいろんな料理に使えるので、好きなように色々使ってみてくださいね!

 

例えば、オリーブオイルを使ったローストビーフなんか作るときには、CBDオイルを使うことができます!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Catering & Events Specialist(@cbdcuisine)がシェアした投稿

 

注意点としては、CBDオイルは、熱しすぎると効果が消えてしまう点です。

 

なので、出来上がりのタイミングで、オリーブオイルにCBDオイル溶かしたものを垂らしていくとバッチリです!

 

他にも、スイーツなんかにCBDオイルを入れてもいいですね!

例えば、スイーツのカカオパウダーと一緒にCBDオイルを入れると、リラックススイーツが完成します!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Endoca Japan / エンドカ・ジャパン(@endoca_japan)がシェアした投稿

まとめ

本記事では、『CBDオイルと料理』についてお伝えしてきました!

 

料理法さえ気にすれば、安心して料理に使うことができて、手軽にCBDを身体に取り入れることができます。

 

好きな料理に試してみて、CBDオイルをもっと身近なものにしてみてくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

【CBDオイルの選び方の記事はコチラ】

関連記事

・『CBDオイルって、最近よく聞くけどどんなものか知りたい』 ・『不安や不眠に効果あるの?』 ・『どんなものを選んだらいいの?』 ・『実際に使ってみた感想を聞きたい』 CBDオイルは、不安や不眠に効果がある次世代の最新アイテムで[…]

 

【女性向けCBDオイル『Octo』の記事はコチラ】

関連記事

『仕事のストレスで、寝付きが悪いしよく眠れない。。』 『人間関係のストレスで疲れがたまってる、、リラックスしたくてもできない。。』   日本の働く女性は、日々さまざまなストレスと戦いながら、強く生きています。 […]

最新情報をチェックしよう!